shiryoseikyu_over.jpg 資料請求はこちらからどうぞ!

2018年09月18日

推薦・社会人面接質問例

皆さん、こんにちは。
東京アカデミーの平田です。
そろそろ推薦入試や社会人入試も始まり、試験直前の方も多いのではないでしょうか。


推薦入試や社会人入試では、「面接試験」を課す学校が多く対策が不可欠です。面接試験のねらいは学科試験ではわからない受験者の人物像・人間性を見極めることにあり、看護・医療職という仕事と入学後の勉学に対する熱意・決意・適性などを判断するために行われるものです。

「推薦入試」では、受験生が高校生ということもあって、質問の中心が「高校生活」となっていることが多いです。「志望理由」をとおして、看護師への思いを確認すると同時に、「高校生活」をとおして、看護・医療職への適性をみられていると考えてください。

『高校生活でうちこんだこと』、『友人関係やクラブなど、グループでのあなたの役割は?』、『高校生活での経験をとうして、どう成長したか』といった質問に対して回答をつくるには、まず「自己分析」が必要です。高校生活の中での出来事を振り返り、どう感じたか、どのように努力してきたか、書き出してみてください。そして、回答をつくる際には「看護・医療職への適性」や「看護・医療系学校入学後への意欲」を示すことが必要です。自分が理想とする看護・医療人像を意識して作成してみましょう。

また、社会人など既卒生の多くが受験する「社会人入試」でも、「志望理由」に加えて、今までの経験を問われることが多いです。『現職の業務内容』『前職を辞めてまで看護師になろうと思った理由』『前職でどのようなスキルを培ったか、そのエピソード』などです。どのように答えるべきか迷う人も多いようですが、社会生活を通しての経験や成長を示すことで、高校生にはない経験値や魅力をアピールできます。入学後の学校生活はもちろん、看護・医療職としての適性にもつなげることが可能です。

学校側も、入学後は社会人経験をいかして、周りをひっぱっていくことを社会人(既卒者)に期待しているので、その点を意識した回答を心掛けましょう。

面接では考えてきた回答を流暢に答えるのが良いのではなく、自分の言葉で意思・熱意を伝えることが大切です。また、願書に記入したことについて聞かれることも多いので、面接試験の前にはもう一度見直して、しっかり答えられるようにしておきましょう。
皆さんのご健闘を心よりお祈りしております!頑張ってください。


posted by 東京アカデミー大阪校 at 19:21| 看護・医療学校受験 試験情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月02日

推薦・社会人小論文テーマ例

皆さん、こんにちは。
今年は、大阪北部地震や西日本への豪雨、
それに続く台風と、

災害や気候の影響が大きな年になりそうです。

気温も高く、日々最高気温が更新されていますが、

「熱中症」も話題となりました。
 

世間で注目される事柄や社会的なニュースは、

看護学校受験に大きく関わってきます

推薦入試や社会人入試では、

「小論文試験」を課す学校が多く対策が不可欠です。

本日は、「小論文試験」をテーマに、

出題傾向や対策についてお話ししたいと思います。

小論文試験では、大きくわけて2つのタイプがあります。

「課題提示型」「文章読解型」、です。

前者は、『チームワークについて』(2017愛仁会・推薦)

のように課題を提示させるもの、

後者は、新聞記事「授乳論争」を読んだ上で自分の考えを述べるもの

(2017近畿高等看護・社会人)です。


テーマは、

@医療人としての適性や志望理由

A時事問題や社会常識

B抽象的事象(夢、やさしさなど)

などを取り上げることが多いです。

対策としては、まず「原稿用紙の使い方」

「表現上のルール」を確認することが重要です。

文章を書く機会が減っている昨今、

基本的な文体や文法を理解していない受験生が増えています。

漢字の誤字脱字にも注意して、

簡潔でわかりやすい文を書くよう心がけましょう

次に、テーマに合わせて自分の意見や考えをまとめてください

「結論」を決めてから、小論文全体の構造を考えます。

やみくもに文章を書き始めてはいけません。

「結論」につながるように、考えの根拠や具体例、

体験談などを交えて持論を展開していきましょう


小論文試験では字数制限があることが多く、

必ず制限数の9割は書かなければなりません制限時間内に、

必要な分量を書くことができるようになるには時間がかかります。

また、実際に書く行為を重ね、第3者による添削指導を受けることで、

「わかりやすい文章」に近づくことができます。


東京アカデミー(大阪校・京都校)では、

8月より「得スペ講義」が開講します。 この講義では、

『小論文・出願書類作成の基本』学ぶことができます。

また、過去に出題された課題の中から頻出テーマを取り上げ、

出題者が受験生に何を求めているのかを解説します。

通信講座では、小論文の個別添削指導を受けることも可能です。


10月〜11月にかけて実施される「推薦入試」や

「社会人入試」の対策としてはもちろん、「一般入試」でも

実施されることの多い『小論文試験』を東京アカデミーで

ぜひ対策してください。豊富な試験情報やデータに基づき、

受験生の力を最大限引き出して合格へと導きます

開講日が近づいていますので、

お早目に最寄りの校舎へお問い合わせ、ご相談ください。




posted by 東京アカデミー大阪校 at 00:00| 看護・医療学校受験 試験情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

夏の過ごし方について

みなさんこんにちは!
蒸し暑い日々が続きますね

先日の豪雨、皆様大丈夫でしたか?


いよいよ夏本番を迎えます。
夏は秋からの学習をスムーズにすすめるためにも重要な時期になります。本日は、「夏の過ごし方」と称して、この時期に準備していただきたいことをまとめてみます。

@受験科目の基礎をかためよう!

10月から推薦入試や社会人入試が始まる学校もあります。まずは学科対策として、夏の間に、ある程度基礎力を固めていきましょう。また、志望校の過去問題にチャレンジして、試験傾向やレベルを確認することも必要です。小論文は過去に出題されて課題について、実際に書き、第3者に評価してもらいましょう。一人よがりな文章にならぬよう、客観的な評価に基づき、推敲を重ねることが大切です。

A志望校の情報収集をしよう!

7月〜8月の時期には多くの大学や専門学校でオープンキャンパスが開催されます。できる限り参加して、「学校選び」や「学校研究」に役立てていきましょう。パンフレットやホームページだけではわからない学校の特長や校風がわかる良い機会です。また、先生や在校生と直接話ができるので、いろんなことをどんどん質問してきてください。


B看護師の仕事について、調べてみよう!
看護師の仕事内容や、就職先、勤務形態、キャリアアップなどを知っておくと、入試の際に役立ちます。看護体験に参加した人は、体験で経験したことや感じたことはしっかりメモに残してください。学校見学会の際、病院見学ができるところもあります。ただ参加するのではなく、将来の就職先としてしっかりみてきてください

看護学校入試の面接では、志望校を選んだ理由や、看護師を目指す理由をよく聞かれます。夏の間に学科対策はもちろん、上記情報収集をして準備をしておくとあわてずにすみます。


東京アカデミーでは8月から「得スぺ講義」が始まりますこの講義では、看護師になるために必要なことや将来の病院就職について知る機会として現役看護師の講演会や現役看護学生との座談会を実施します。また、小論文の書き方や社会時事についてもとりあげ、推薦入試や社会人入試にも対応できます。もちろん、面接試験対策も万全です
学科対策なら、通学講座「昼間部8月生」「夜間部8月生」のご入会も好評受付中です8月生は8月7日(火)から開講しますので、おはやめにご検討ください

posted by 東京アカデミー大阪校 at 00:00| 看護・医療学校受験 試験情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする