shiryoseikyu_over.jpg 資料請求はこちらからどうぞ!

2016年09月01日

第106回看護師国試状況設定問題における単問の導入

みなさんこんにちは
まだまだ日中は暑い日が続いていますね
ただ朝、晩は涼しい日もありますので、寒暖の差で体調崩されませんよう、お気を付けくださいね

さてすでに学校の先生方から聞かれている学生さんも多いかと思いますが、
第106回の看護師国家試験より、状況設定問題に新たな設問が導入されます

厚生労働省の発表では…

状況設定問題における単問の導入
 現行の1状況あたり2連問又は3連問の状況設定問題に加え、長い状況文を付した単問の状況設定問題を導入する。



とあります。
赤字のところに注目です

長い状況文を付したとありますね
過去問題を解かれたことがある方はお分かりかと思いますが、状況設定問題の文はよく読むことが大切です。
今までのように2連問、3連問であれば題材となる状況文も恐ろしいほど長くはなかったと思います。

ですが
単問での出題になると、状況文がより長く、深くなっていきます。
そうなると自然に問題を読み解く時間が多く必要になりますね

状況設定問題で時間を多く取りたいとなれば、必修問題など基礎看護力が必要な問題をいかに早く正確に解けるかが重要になってきます

今の知識に自信はありますか?

不安に思われている方、東アカで不安を解消しませんか?

大阪校では9月10日(土)より、70%以上高正答率過去問題演習のコースを設けています

このコースでは、弊社ベストセラーテキストである「高正答率過去問題集」を使用し、分野別で演習講義を行います
本試験で大事なことは、他の受験生が正答する問題を自分も確実に得点するということです。
単に演習を行うだけでなく、オープンセサミ看護学も併用し、どのような問題は正答しなければならないかを、問題演習を通じて理解することで、各分野で必要な知識を深めていきます

こちらのコース、まだお席は十分にあります

ぜひ一度お話を聞きにきてくださいね
お待ちしております


posted by 東京アカデミー大阪校 at 17:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。