shiryoseikyu_over.jpg 資料請求はこちらからどうぞ!

2016年02月29日

第19回ケアマネジャー試験情報!

東京アカデミー大阪校のケアマネジャー試験対策講座は、法改正にもしっかり対応します。以下のような改正がありました。東京アカデミーの通学講座・短期講座では、このような改正点に対応した講義を進めますのでご安心ください。

★ケアマネジャー試験に関連する改正点について
小規模な通所介護が地域密着型サービスに移行(平成28年4月より)
定員18名以下のデイサービスが、地域密着型サービスに移行されます。小規模のデイサービスは、指定監督者が「市町村」となり、利用対象者も原則、同市町村の住民となります。
地域支援事業実施要綱の一部改正
介護予防・日常生活支援総合事業中心に、地域支援事業を更に推進していくことになります。同事業は
平成30年度に全市町村で完全スタートします。それまでは猶予期間となっております。
地域包括支援センターの設置運営について一部改正
・設置主体が、市町村・特別区に加えて「一部事務組合、広域連合」も含まれることになります。
・市町村⇔地域包括支援センター間での連携が強化されます。
いずれの理由も超高齢社会において、相談件数や困難事例に柔軟に、幅広く対応するためです。
・基幹型センターの設置
直営型・委託型のセンターがある中で、中心的な基幹的な役割を担うセンターを設置されます。
これは、高齢者が増える中、地域全体を後方支援していく機関が必要と判断されたためです。
・機能強化型センターの設置
権利擁護や認知症支援等、当分野において他のセンターを支援することが目的です。
専門分野に特化したセンターが必要と判断されたためです。



posted by 東京アカデミー大阪校 at 15:00| ケアマネジャー試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。