shiryoseikyu_over.jpg 資料請求はこちらからどうぞ!

2013年04月22日

教員採用試験なら東京アカデミー

今年の教員採用試験の出題予想において、
上位と言える「いじめ問題」・・・対策は万全ですか?!


ここ1・2年の教員採用試験を分析しても分かりますが、面接試験において「いじめ」に関する質問はほぼどこの自治体でも聞かれているといっても過言ではありません。
東京アカデミーでは、すべての都道府県、政令指定都市で実際に聞かれた質問を集計し、分析しています。毎年、毎年これを積み重ねているので、ここ十数年の質問を連続で読み解くと、その変化から評価ポイントの移り変わりや求める教師像の変化が見えてきます。
さて、今年の採用試験でもかなり聞かれるであろう「いじめ」問題。各自治体ではこれをどのような形で質問しているのか。

昨年の教員採用試験で聞かれた「いじめ」に関する質問例の中からほんの一部をご紹介

・いじめの定義を述べよ。
・いじめのニュースを見たとき何を思ったか。
・クラスでいじめが起こった場合はどのように対応するか。
・「いじめられている子どもにも責任がある」という考えについて
 どう思うか。
・いじめの相談を受けたが「誰にも言わないで」と言われたらどう
 するか。
・いじめについて前の法令と今の法令で違うところはどこか。
・いじめのサインを見つけるにはどうしたらいいと思うか。
・いじめは何故起こるのか。
・いじめ対策の取り組みに必要な教師の資質は何か。
・BがAにいつもたたかれているといういじめの事実を、C、Dが担任
 のあなたに伝えてきたらどうするか。
・携帯、インターネットいじめへの対応。これらを防ぐには。


どれも簡単ではない質問ですね。

しかし、文部科学省および志望先自治体教育委員会が出しているいじめ問題に関する通知や報告、方針の中身はしっかりと読み込んで、正しい知識を持っておくことが第一です。
そして、関係する法令のチェックも同様です。
いじめに関する個人の感想だけを求めているわけではありませんので、正しい知識と現状理解に基づいた自分の意見が述べられるようにしておきましょう。

東京アカデミーにはこうやって全国の自治体情報がストックCDされているので、独学では鍛えられないところまで踏み込んで対策することができます。十数年間の全都道府県、政令指定都市の教員採用試験情報ストックですから、それはすごい量どんっ(衝撃)と質ぴかぴか(新しい)であります。

筆記対策の授業中にも、いじめに関連する法令や通知などが出てくれば、具体的な指導や考え方にも言及しながら、前述のような質問に対する回答を導き出す訓練をしています。そして、面接練習では具体的なやり取りをしながら考えを深めるというステップです。

東京アカデミーで学んで、採用試験に合格し、元気な日本の子どもを育てることで、社会貢献を果たしてください。

教員採用試験なら東京アカデミーです!

あ〜!長文になってきましたあせあせ(飛び散る汗)ので、ちょっとお遊び・・・
お約束の「もしも出題されたら?」シリーズのAをお楽しみください。
(全国各地で出題されたご当地問題を大阪府Verに改編したら、どんな問題になるかという練習です)

(埼玉県2011.7実施問題)
次の@〜Cは、埼玉県のシンボルとして指定されている動植物についての説明です。内容が誤っているものを1つ選びなさい。
@サクラソウは、県内でも古くから荒川沿いに自生している。春先に
 花を咲かせる草である。
Aミドリシジミは、県内の川や湖沼に広く生息している、小さめの貝
 である。
Bシラコバトは、県のマスコット「コバトン」のモチーフでもある鳥
 である。
Cケヤキは、県内に古くから自生し、屋敷林や街路樹として植えられ
 ている落葉樹である。

もし、これと類似問題が大阪府で出題されたら、こんな感じになるかもしれません。

(もし出題されたらシリーズA)
次の@〜Cは、大阪府のシンボルとして指定されている動植物についての説明です。内容が誤っているものを1つ選びなさい。
@サクラソウは、府内北摂山系にその原生種「クリンソウ」が自生しており、ピンクや白の可憐な花をつけます。
Aモズは、全長20cmほどの鳥で、堺市にある「百舌鳥」の地名は、仁徳陵(堺市)築造の際、倒れた鹿の耳から飛び去ったことから、その地を「百舌鳥耳原」としたことに由来する。
Bウメは、古今和歌集の中で「難波津に咲くやこの花・・・」と詠まれるなど、大阪にゆかりの深い花です。
Cイチョウは、氷河時代を生きのびた「生きた化石」として知られている中国原産の落葉樹です。御堂筋の並木は大阪を代表する景観である。

答えと合わせて、大阪府のシンボルについても調べてみてください。
手(パー)http://www.pref.osaka.jp/koho/sugata/symbol.html

最後に、沖縄県で教員を目指されている多くの皆様のご要望にマッハでお応えした、「沖縄県型教員採用試験模擬試験」が、いよいよ5月19日に迫っております。
http://tokyo-ac.jp/bl/koza/images/others/kyo_okinawa_jichitaimoshi.pdf

では、沖縄県型模試の会場でもお会いしましょう。
東京アカデミー大阪校 伊藤でした。


posted by 東京アカデミー大阪校 at 17:44| 教員採用試験 試験情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。